サービス内容


 
寝たきりや認知症など常に介護が必要で、家庭で介護を受けることが困難な65歳以上の高齢者が入居できる施設です。サービスを受けるには、要介護認定1~5(特定疾病により要介護状態となった40歳以上の方を含む)が必要となります。施設では、食事・入浴などの日常生活のお世話や健康管理を受けることができます。
介護度・収入に応じて介護保険の1割負担及び食事等を負担していただきます。なお所得に応じて減免の制度も利用できますので、具体的にお知りになりたい場合は、「ご利用料金」のページを参照してください。
   
 
在宅で生活する要支援高齢者及び要介護高齢者が、心身の状況や病状、家族の事情などにより特別養護老人ホームや老人短期入所施設に短期間入所し、入浴・排泄・食事など日常生活のお世話や機能訓練等を受けることができるサービスです。介護度に応じて、サービス費用の1割及び食費・居住費の負担が必要です。具体的にお知りになりたい場合は、「ご利用料金」のページを参照してください。利用希望の方は、ご自身の担当ケアマネージャーに申し出て下さい。
   
 
在宅の要支援高齢者及び要介護高齢者で、通所により入浴・食事サービスの提供のほか、生活指導や健康チェックなど、日常生活動作等の機能訓練を必要としている方、または家族の介護負担の軽減を必要としている方が対象です。朝から夕方までの日帰り利用型の介護サービスです。介護度に応じてサービス費用の1割及び食費等の実費負担があります。具体的にお知りになりたい場合は、「ご利用料金」のページを参照してください。利用希望の方は、ご自身の担当ケアマネージャーに申し出て下さい。 
   
 
60歳以上(夫婦で入所する場合はどちらかが60歳以上)で、身体機能の低下や高齢のため、地域での自立した生活に不安のある方で、家庭環境や住宅事情で居宅生活が困難な方が対象になります。また、ご夫婦以外でも姉妹等で利用可能です。利用料金は、生活費 + サービスの提供に要する費用 + 居住に要する費用の合計です具体的にお知りになりたい場合は、「ご利用料金」のページを参照してください。
   
 
介護保険に関する法令の趣旨にしたがい、公正中立な立場から、契約者が可能な限り居宅においてその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう居宅サービス計画を作成するとともに、指定居宅サービス等の提供が確保されるようサービス提供事業所との連絡調整その他便宜の提供を図ります。

Designed by MTテンプレートZERO